小泉 一行さん
関東中央病院地域医療室事務職
(病院連携事務)

1.Medi-waをどのように使用されていますか?

「人脈は宝」と思ってますので、自分から積極的に色々な方にお声掛けして友達になってもらっています。とにかく医療に携わる様々な皆さんと知り合いになれるのが楽しいですね。コミュニティも、色々と活用させてもらってますよ。全国の病院の「地域医療連携室」の スタッフの情報交換の場として「全国連携室ネットワーク」というのを作りました。現在、47名(11都道府県)の方が参加してくれています。

オン・オフあわせて多種多様なコミュニティがあって楽しいですね。

やはりまだ、GreeやMixiのように会員数が多くないことと、医療業界限定ということで、安心して書込みが できるのかもしれませんね。

2.最初に医療業界のSNSを見たときはどうでしたか?

最初はブログやSNSについて、ほとんど知識がありませんでしたので、何をどうすれば よいか正直わかりませんでした。(笑)でも、使っていくうちに色々な可能性が見えてきました。今では生活の一部です!

3.実際に使ってみて、メンバーの方々の反応、使い心地はいかがでしょうか。

他のSNSを使ったことがないので何ともいえませんが、とてもわかりやすい画面構成だと思います。デザインもやさしい感じがしてとても気にいっています。

4.Medi-waを通じて、実際に医療の輪が広がりましたか??

これは間違いなく広がりましたね。本当に色々な方と知り合うことができました。立場の違う方々との意見交換はとても刺激になります。これからもどんどん「輪」を広げていきたいと思います。

5.なにか最後に一言お願いします!

SNSというインターネット上でのお付き合いを、今後はリアルなお付き合いにつなげて いきたいと考えています。みんなで飲みに行きましょう!

こいずみ@ガチャピン
染谷貴志さん
(虎の門病院/医師)

このMedi-waに入って「え、こんな事やっている人がいるんだ!」と驚きの連続です。様々な医療関係の人と交流を深める事が出来て、とても面白いですよ。

瀬尾利加子さん
(病院/地域医療連携室)

なぜかすぐに皆と打ち解けてしまう魅惑ワールド。医療に関わる様々な業種の方と知りあいになれて色んな世界が見える。素敵すぎて、もう虜です。

安達暁子さん
(NPO法人理事/研究員)

Medi-waを通じて仲間との連絡への活用はもちろんのこと、全国に医療関係の知り合いがたくさん出来ました。最近、医療関係の集まりで「Medi-waでお見かけしてます」と声をかけられることも増えつつあります。そんな時、本当に輪が広がりつつある事を実感してしまいます。

芦田弘毅さん
(コンサルティングファーム/病院コンサルタント)

ネットワーク機能の他にも、コミュニティ・ブログ・メールを記録・管理できる機能もいいですね。医療関係者による外への情報発信ツールとしてうってつけだと思います。

渡辺明良さん
(病院/事務職員)

「忙中閑あり」忙しい毎日の心のオアシスがこのMedi-waです!

佐藤大介さん
(東京医科歯科大学大学院 医療管理政策学 修士/大学院生)

他のSNSと違って医療関係者が多く登録しており、日記やBlogでの意見交換が活発であるところが魅力です。

小池宙さん
(医学生・I-cube
~夢の病院PROJECT~)

医療に特化し、心地よくデザインされているMedi-waは交流しやすく、他のSNSを使いこなしてきた私にとってもとても楽しい場です。